1話切りした2018年秋アニメ

久々のブログ更新です。
早いもので、2018年も最後のクールがやってきてしまいました。今年は、最初のクール(冬)に、『ゆるキャン△』や『宇宙よりも遠い場所』といった名作級のアニメがあったので、今年はさぞすごい年になる…? との期待もあったのですが、特にそんなこともなかったのかな、となっています。
さて、そんな2018年の秋クールですが、色々と観ています。が、残念ながら1話でサヨナラしたアニメをまず紹介したいと思います。

  • DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

タイバニスタッフの新しいオリジナルアニメ、との触れ込みで始まりましたが、実際にはタイバニのオリジナルスタッフはほとんど参加しておらず、1話を観てみた感じでは雰囲気も全然違いました。ノリが寒かったですね。キャラ原案はタイバニと同じで桂正和氏ですが、タイバニよりもデザイン的には親しみが湧かなかった気もしました。
アニメとしては見ごたえのあるものになるかもしれませんでしたが、CGとのマッチングもいまいちに感じてしまい、ここまでとしました。

  • ソラとウミのアイダ

サクラ大戦』シリーズの生みの親として、あるいはAKBのプロデュース陣の一員としてアイドルに手を出したオッサンとしても知られる、広井王子氏原作のアニメです。
「宇宙漁師」とか、どこの『BLAME!』だよ!! ってツッコミたくなりましたが、内容はもっと酷くて、1話だけでも結構耐えられないくらいには、キャラクターにも設定にも、ストレスが溜まりまくる作りでした。
何より、宇宙で魚の養殖をするという設定や、その漁のやり方みたいなところに、何一つ魅力を感じませんでした。
キャストの演技力の拙さや、アニメとしての見どころのなさなど、納得の1話切りでした。

まあ、出落ちですよね。
ゾンビものだと『さんかれあ』が良かったなあ…と思いながら観てました。絵的には悪くなかったかな、と思いつつ、さほど惹かれるものもなかったので、1話でさようならをしました。

  • 色づく世界の明日から

P.A.WORKSの新作オリジナルアニメということで、それなりに期待して観てみたわけですが…まずはキャラデザがパッとしない。萌え寄りじゃないのはわかるんですが、かといって魅力的なデザインにも見えませんでした。
1話の構成もしっくり来ない感じがしましたし、魔法がどうこうという設定もさほど惹かれるものもなく。過去にタイムスリップするのは良いのですが、主人公が近未来の人間で、彼女がタイムスリップするのが現代に近い世界、というのも、魅力に感じませんでした。何より、主人公の女の子のキャラクターがイマイチで。
PA作品は好きなのが結構ありましたが、堀川社長が主導してアニメ作りをしなくなってから、『ウマ娘プリティーダービー』くらいしか良かった作品が無いような気がしますが、大丈夫なのでしょうか。

                                                                • -

今回はややネガティブな記事になってしまいましたが、次は2話以降も観たアニメについて書きたいと思います。

『ゆるキャン△』と『宇宙よりも遠い場所』人気に観る、「日常系アニメ」ブームは終わったのか問題と……そもそも「日常系アニメ」ってなんだろう?

 2018年冬クールに放送されて人気を博しているのが『ゆるキャン△』と『宇宙よりも遠い場所』だと言えるでしょう。このうち、『宇宙よりも遠い場所』が日常系アニメではないことはわかるかと思いますが、『ゆるキャン△』も日常系アニメではない、と言うと不思議がる方がいるでしょうか。
 『ゆるキャン△』は、あまり代わり映えのしない日常生活がメイン……というわけではなく、友達同士で、あるいは1人でアウトドアに出かけていくという、いわば「非日常」を描いている作品だと思っています。ということは、日常系アニメではない……のではないでしょうか。それでも日常系アニメっぽく見えてしまうのは、これまでの日常系アニメと呼ばれてきた作品といくつかの共通点があるからなのだろうと思います。が、日常がメインではないのに「日常系アニメ」を名乗るものどうかとも思ってしまいます。
 そもそも、「日常系アニメ」というジャンルやカテゴライズが、人によってまちまちだったり、そもそも定まったものではなかったりすることが問題、という見方もできます。個人的に「日常系アニメ」といえば、仲良し女の子グループが、代わり映えのしない日常を描くもので、趣味を淡々とこなしたりして、向上心を持って努力したりしないような作品、というイメージがあります。なので、例えばメインとなる部活があったとしても、全国大会を目指したり、あるいはプロを目指したりはせず、趣味の延長線上だったり、生涯スポーツのような形で描くような感じです。
 また、ともすれば「ギャグアニメ」にもカテゴライズされてしまいそうにもなりますが、「日常系アニメ」は「ギャグアニメ」ほどには笑えず、どちらかというと可愛さが勝ったようなアニメという印象もありますし、「ギャグアニメ」ほどには笑えない「コメディアニメ」に分類される作品が多いとは思いますが、基本的に男キャラが出てこないため、『WORKING!』のような「ラブコメアニメ」にも分類されない、というのが個人的に捉えている「日常系アニメ」の条件です。
 これらの分類からすると、『宇宙よりも遠い場所』なんてのは、明確でかつ困難な目標に向かって進んでいくわけですから、「日常系アニメ」とは真逆の、ある意味では『ガールズ&パンツァー』のようなタイプのスポーツアニメ寄りと言えるでしょう。『ゆるキャン△」については、雰囲気やらすごく頑張るわけでもない感じが、いかにも「日常系アニメ」そのものだとも思いますが、彼女らは、日常では決して味わえない、キャンプ地での絶景やら、美味いものを求めていっていると考えると、僕の考える「日常系アニメ」からはちょっと遠いなあ……と思ってしまいました。
 ただ一方で、僕の考えている狭義の「日常系アニメ」そのものが、既に限界に来ているのではないか、とも思うようになっています。それは、『ひだまりスケッチ』や『けいおん!』などに代表される作品群なわけですが、『ゆゆ式』や『きんいろモザイク』、『ご注文はうさぎですか?』などのきらら原作アニメ勢や、きらら以外だと『ゆるゆり』や『のんのんびより』などが続けてヒットした一方、これら以降の『日常系アニメ』が、ほとんどヒットしていないことで、唐突にブームが終わってしまったのか、あるいは『ごちうさ』あたりでやり尽くした感が出てしまった(視聴者側が満腹になってしまった)ように感じています。
 ターニングポイントとなったかもしれない作品としては、『ガールズ&パンツァー』や『ラブライブ!』が挙げられるのではないか、と考えています。これらはもちろん「日常系アニメ」ではありませんが、女の子ばかりのグループで、という部分では「日常系アニメ」とも共通していると観ています。要は、絵的なもの、あるいは放送前のビジュアル的なところでは、「日常系アニメ」と変わらないんですよね。ただ、何か高みを目指す、全国大会で優勝する、みたいな目標があるかどうかで。要は、何か目標があるわけでもなく、何かに熱くなるわけでもないアニメより、目標や高みがあったほうが面白くないですか? という制作(製作)側からの提案に、アニメ視聴者側が乗ったようなイメージです。そしてこの流れは『宇宙よりも遠い場所』あたりにも引き継がれています。
 あるいは『ゆるキャン△』のような、インドアではない趣味アニメが主流になっていくのではないか、という展望です。実際に、「日常系アニメ」っぽい外観をしつつ、決してストイックではない趣味アニメは増えているように感じます。『ラーメン大好き小泉さん』なんてのもそうですし、少し前にやっていた自転車アニメなどもこのカテゴリに近い作品群となるのでしょう。「オタク=インドア」のイメージで、インドアな趣味や部活と「日常系アニメ」との相性が良かったのかもしれませんが、今では聖地巡礼やらイベント参加など、オタクたち自身もインドアというか引きこもるほうが主流派ではなくなっています。そういう意味でも、あまり「日常系アニメ」と相性が良くない印象だった外でやる趣味がメインの、外観は「日常系アニメ」な作品は、今後とも増えていくのではないか、と考えています。
ーーーーーーーーー
 とはいえ、まだまだ狭義の「日常系アニメ」がヒットする余地はあるとも思ってますが、新鮮味を持って受け入れられるのは、高みを目指すアニメか、外でやる趣味のアニメではないかと観ていますがどうでしょうか。

ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]

ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]

『ゆるキャン△』は聖地アニメとして成功するか?

 2018年が始まって最初のクールで、深夜アニメファンの心を一番掴んでいるといえるのが『ゆるキャン△』でしょう。美しい背景に、独特の時間の流れ。キャラクターたちの関係性もよく、この人気も頷けるものがあります。
 さてこの『ゆるキャン△』で町おこしをしよう、という動きが自治体等に出ているようです。もちろんこの人気ですし、きっとアニメが終わったら一瞬で去るようなブーム的なものでもない、とは思いますが、町おこしと絡んでの効果となればどうか? と思わないでもありません。『ガルパン』の成功例を参考にするようですが、それら町おこしとしても成功した聖地アニメと比較して、『ゆるキャン△』は成功するのかどうかを考えてみたいと思います。
https://www.sannichi.co.jp/article/2018/03/10/00257048
山梨日日新聞の記事ですが、中身は会員登録しないと読めませんのであしからず

                                  • -

 まず思い浮かぶのが、アニメを見ていて一番「行きたい!」となる場所です。『ガルパン』の場合は、主人公たちが住む大洗町だと思いますし、作中でも印象的なところで描写をしていて、行った方ならわかると思いますが、「アニメで見た風景だ!」と感動することと思います。そして、作中で出た旅館やホテルに泊まったり、食べ物を食べたりすることもできますので、経済効果にも直結しやすい、非常に上手くいった例となりました。
 なぜ『ガルパン』が聖地アニメとして、かつてないほど成功したかと言えば、前述のとおりお金を使いやすい構造になっていたこともありますが、東京から程よい距離で、日帰りでも泊まりでも行けることや、アニメで出てきた舞台のほとんどが、レンタサイクルくらいがあれば1日で回れてしまう場所にあるコンパクトさ、そして何より、大洗女子チームのメンバーたちの地元である、という意味合いも大きかったように感じました。同じようなことが『ラブライブ!』や『らきすた』などでも言えたのではないかと思います(『らきすた』は東京から近すぎましたけど)。
 ヒットの規模という意味では『ガルパン』以上だった『けいおん!』だと、聖地として人を集めたのは豊郷小学校旧校舎群になると思いますが、こちらだと経済効果という意味ではかなり微妙なものでした。というのも、東京からの距離が遠すぎる点はあまり障害になっていなかったものの、周辺に宿泊できるような施設があるわけでもなく、そもそもこの学校周辺にはほとんどお店はありませんでした(当時)。人は集まったものの、お金の落としようがないという状況で、多くの聖地巡礼客は帰っていったのだろうと思います。
 それらと『ゆるキャン△』を比べると、まず東京から程よい距離、という点では合格でしょう。身延線沿線となると若干ハードルが上がる気がしますが、それでも日帰りでも行ける立地ではあります。
 ただ、この『ゆるキャン△』で描かれる舞台で一番どこに行きたいか? となると、彼女らの住む街……ではなく、彼女らが訪れたキャンプ場になるのではないでしょうか。もちろん、作中で出てきた身延駅周辺に行く聖地巡礼者はいるらしく、彼女らが食べていた身延まんじゅうはよく売れているという話も耳にしましたが、効果としては限定的なのかな、と考えています。
 キャンプ場は富士五湖周辺から、山梨県中心部や、長野県の諏訪湖周辺まで点在しています。アニメを見てファンになった人たちが、そこで聖地巡礼がてらキャンプをすれば、そのキャンプ場は利用料で儲かりますし、アニメ放送時期が冬ということで、オフシーズンで客が増えるという意味でも経済効果としては大きいものがあるように思います。また地元で食材等を調達すれば、更に経済効果が高まります。
 ただ、あくまでもキャンプ場周辺であって、町おこしをしようとしてる彼女らの地元自治体ではない、んですよね。演じてる声優さんを呼んでイベントでもやれば、人を集めることはできるとは思いますが、あくまでもその時だけ、なんですよね。大洗は、イベントをやってない時でも人がわらわらと来てますし、ラッピング列車やバスも走っていますし(今はどうかわかりませんが)、協力体制もすごいものがあります。『ゆるキャン△』は作品内容からしても、地元自治体が一番、町おこしに繋げにくいのではないかとさえ考えてしまいますし、JRに、身延線にラッピング列車走らせてくれ、って頼むのも難しいでしょうから、『ガルパン』と同程度の仕掛けも起こしにくいのではないか? とも思います。

 町おこしには不向きかな……と思うところはありますが、アウトドアグッズやバイクなど、経済効果の大きさは、過去のアニメと比較してもすごいものがあるんじゃないか? と思っていますがどうでしょうか。

ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]

ゆるキャン△ 1 [Blu-ray]

ガルパンだけじゃない? バンダイビジュアルがアクタスを買収した理由

 ずいぶん前になりますが、バンダイビジュアルがアニメ制作会社のアクタスを買収したというニュースが流れました。アクタスに、バンダイビジュアルの湯川Pを非常勤の取締役として送り込んだあたり、間違いなくガルパンことガールズ&パンツァー絡みの案件だとは思います。他の製作からの仕事を受けさせず、稼げるガルパンに注力させるための方策の1つなのでしょう。あるいは、バンビジュの子会社となり、とりあえずアクタスが倒産するようなことがまずなくなったことで、働いている人たちの離脱を防いだり、新たな人材が入ってきやすくなったりすることもあるでしょう。それが、ガルパン最終章をスムーズに制作することにも繋がるのでしょうから。
 しかし、単純にそれだけの目的なのでしょうか? もちろん、スケジュールが崩壊するのが当たり前なアクタスの管理にバンビジュが乗り出したのだとか、バンビジュが自由に動かせる直属の制作会社が欲しかったのだとかも理由なのでしょうが、個人的にはもっと大きな可能性を買った買収劇だったのでは? と観ています。
 その狙いとは? 推察してみました。

ガルパンの製作するキッカケになったのは、何処かで読んだ記憶があるのですが、アクタスの社長であり、ガルパン等のプロデューサーでもある丸山俊平氏の「戦車と美少女が出てくるアニメがやりたい」という構想だったと記憶しています。もちろん、ただの思いつきレベルだったようで、バンビジュ側の、誰かその構想に賛同してくれるクリエイターを連れてきてくれたら話を進める、という条件に対し、丸山氏が島田フミカネ氏を連れてきて、バンビジュ側も水島努監督を連れてきたことで、本格的に企画がスタートしたという話だったかと思います。
ガルパンが面白くて大ヒットしたのは、もちろん島田フミカネ氏がキャラ原案やったり、水島努監督やシリーズ構成の吉田玲子さん、軍事考証の鈴木貴昭さんらの力が大きいのは間違いないと思いますが、それもこれも丸山氏の「戦車と美少女が出て来るアニメがやりたい」という構想というか発想が無ければ、そもそも産まれてさえいないわけです。その後に、バンビジュ側が丸山氏の構想に乗ってくれたのも大きいわけですが(普通は思いつかないか、面白くなら無さそうだと提案しないか、提案しても「無茶だ」と製作側に一蹴される)、大元の発想が無ければ実現しなかったわけです。
バンビジュの本当の狙いは、アクタスという制作会社ではなく、丸山氏個人の発想力の方なのではないか? と考えています。それなら何故、アクタスごと買収したのかについてですが、社長をヘッドハンティングするわけにもいかないでしょうし、ガルパン案件をコントロール出来るメリットもあったからだと観ていますが、丸山氏の発想力をより活かすための手段だという見方も出来るのではないでしょうか。
アクタスがバンビジュに買収されでもしなければ、丸山氏のアイデアは、アクタスが制作できるペースでしか実現できないことになってしまいます。ですが、2017年夏期アニメの『プリンセス・プリンシパル』は、アクタスの丸山氏がプロデューサーになっていますが、制作はStudio 3Hzとの共同になってます。監督やキャラデザはStudio 3Hzや、そのスタッフの出身スタジオであるキネマシトラスで見かけた人たちだということは、この作品から既に、丸山氏のアイデアを迅速に活かすために、バンビジュがアクタス以外の制作会社を工面して、放送までこぎつけた、という可能性も大いにあるでしょう。何せアクタスは、年末公開予定のガルパン最終章第一弾でてんてこ舞いで、他のアニメをやっている場合ではないはずです。個人的には既に、バンビジュがアクタスを買収した効果というか影響が出ているのではないかと観ています。
では何故、バンビジュが丸山氏の発想力を買っているのでしょうか。もちろん、ガルパンの生みの親というのもあるのでしょうが、その後の『レガリア』は色んな意味で大コケしたものの、前述のプリンセスプリンシパルはこのクールのアニメとしてはそこそこの売上になりそうな気配になってきました(2017年9月24日時点)。ガルパン以前には元請け作品が数年無かったことを考えると、ここ最近で企画したアニメの3分の2がヒットしているというのは、かなりの打率だと言えるかと思います。何せ、オリジナルアニメがことごとくコケる昨今ですから、その中で当てているというのは、それだけ発想力が凄いか、あるいは今アニメファンが求めているものの嗅覚がある、ということなのでしょう。
アニメの原作が枯渇してきている、というのは、ここ数年ずっと言われてきたことでした。アニメ化してヒットしそうな原作が無いのであれば、オリジナルでやるしかありません。ただ、ヒットするオリジナルアニメを企画できるプロデューサーなんて、アニメ業界にそうそういるものではありません。『魔法少女まどか☆マギカ』の生みの親はアニプレックスの岩上敦宏氏(当時はプロデューサー)でしたが、その功績が認められすぎて、今ではアニプレックスの社長かつ、親会社であるSME執行役員という、めちゃくちゃ偉いさんになってしまいました。最近は現場の仕事もやっているようなクレジットも見かけますが、とても1つのアニメに関われるような立場ではなくなったと思います。オリジナルアニメのヒット作が多いP.A.WORKS社長の堀川憲司氏なんかも、発想力に関しては業界随一のものがあるでしょう。ただ堀川氏も、最近では現場を離れ、部下のプロデューサーに企画も任せているような節があります(おかげでヒット作から遠ざかっているようにも……)。彼らを引き抜くことは、まあ無理な話ですよね。そう考えると、アクタスごと丸山氏を買収してモノにしてしまうというのは、戦略としてはアリなのだろうと思うわけです。

 「けものフレンズ」騒動でもありましたが、製作委員会の権利元と制作会社とのトラブルによって、プロジェクト全体の流れが滞ったり止まったりというケースが出てきました。あるいは、アニメ側の都合や方針ではなく、原作側の都合に振り回されて、アニメ側の展開に支障をきたすケースとも言えるのかもしれません。
 そうした事態を防ぐための、バンビジュによるアクタス買収なのかな、とも思いました。
 ガルパンは、製作委員会に出版社が入っていないアニメですし、極めて出版社の影響が及びにくい体制になっています。同じバンビジュのオリジナルアニメである『ラブライブ!』シリーズは、そもそも企画が、今はKADOKAWA傘下に入ったG'sマガジンですし、制作も、グループ会社でありながら、力関係的にはバンビジュがどうこう言いにくいサンライズですから、バンビジュの意向だけで作品の展開を進めていくことは難しいでしょう。そういった事情から、アクタス買収に至ったと考えるのは自然だろうと思います。そのくらい、バンビジュにとってガルパンというコンテンツが巨大化して、かつ優秀な収入源となっていることも伺えます。
 メディアファクトリー(MF)や、アスキー・メディアワークスあたりを買収してきたKADOKAWAからすれば、アクタスの買収くらいははした金だとも思うわけですし、傘下に収めたMFからコミカライズもしている関係から、バンビジュ側が先手を打ったようにも感じました。

                          • -

 先日、TBSがセブンアークスを買収したとかありましたし、こうした動きは加速するかと思います。
 ただ、京アニPAWHITE FOXみたいな、制作会社が主導的に作るアニメを決めたい的な制作会社は、まだまだ制作会社主導でやっていくのだろうと思います。
 こうした制作会社が、大手の何処かに買収されるようになるのなら、大きくアニメ業界の流れも変わっていきそうな気がしますが、どうなりますでしょうか。

「この世界の片隅に」好きにも観てもらいたい傑作アクション映画「忍びの国」--感想など

普段はアニメしか観ていないのですが、「シン・ゴジラ」以来の実写映画「忍びの国」を観てきました。戦国時代に、
伊賀国と織田軍が戦った戦国時代の史実を元にした作品という興味もありましたが、嵐の大野智が忍者役で主演するというのも興味深く、公開初週の土曜日に観に行きました。思いのほか面白かったです。大野智の、普段はぼーっとしているのにスイッチが入るとオーラ満載になる感じも味わえましたし、何よりあのキレッキレのアクションの数々。ジャニーズメンバーでも屈指のダンスパフォーマンスの彼ですが、殺陣などのアクションも素晴らしかったです。嵐の主題歌はあまり合いませんし、ジャニーズ映画という見た目で敬遠するのは勿体ないくらいには、素晴らしいエンターテイメント性のある映画でした。それとともに、戦国時代ファンにはヘタレでお馴染みでもあり、大河ドラマ等では端役でしか無かった、織田信長の次男である織田信雄に大きくフォーカスが当たった作品としても、歴史ものとして大きな意義があったと思いました。その辺は「のぼうの城」と同じ和田竜原作ということもあったのかもしれません。
ただ、普段アニメを観ている自分からすると、この「忍びの国」はめちゃくちゃアニメっぽかったというか、原作がラノベでもない小説であることに違和感を感じたくらいにマンガチックな作品だなあ……とまず思いました。そして登場人物がイコールキャラクターで、出演者はキャラクターを演じている感がすごかったです。その中でも、もちろん主人公の無門を演じる大野智は、そのまんまマンガやアニメのキャラクターで、非実在感はありながらも演じているのは生身の人間という面白さもありましたが、同じような感覚で観ていた映画が、最近あったなあとふと思い出しました。それが「この世界の片隅に」でした。
実写映画とアニメ、小説原作と漫画原作という違いはあるのですが、それ以上に「忍びの国」の大野智ありきな作りと、「この世界の片隅に」の'のん'ありきな作りが重なるものがありました。それ以外にも、史実を出来るだけ考証などで取り上げながら、主人公や周りの主要キャラは創作だったり、歴史に名を残すような存在では無かったりするあたりも共通項として挙げられるかと思います。
作品の方向性としては、「忍びの国」はかなりエンターテイメント性を意識した作りになっているのに対し、「この世界の片隅に」は文化・知識的なものが前面に出ているようにも見えますが、自分から観た感じはどちらも近いものがあると思います。大きく異なる点とすれば、「忍びの国」は主人公が男性でかつ武器を手に取って戦いますが、「この世界の片隅に」は主人公が女性でかつ直接戦うようなことはありません。ですが、どちらも「戦い(戦争)」が主題として取り上げられた作品ですし、その史実と時代背景を丹念に調べ上げ、庶民の生活を描写したという部分においては、骨格としてはほぼ同一といって過言ではないと思っています。現に、片やジャニーズ映画、片やアニメ映画でありながら、客層には年配の方も多く見かけたことがその証左になるのかな、と思いました。
この世界の片隅に」は、割とアニメオタク界隈でも評判となり、ロングランでのヒットにも繋がりましたが、「忍びの国」はそうした層への波及効果は、実写映画でもあり、やや弱いと感じています。ですが、前述の通り、きわめてアニメっぽい映画でもあり、また演出も安っぽいエフェクトが目立たず、むしろ邦画でここまでやれるのかと感心してしまうくらいには見ごたえがありました。共演陣も、石原さとみは可愛かったですし、鈴木亮平伊勢谷友介といったゴツい役者と大野智の戦闘は良かったですしね。織田信雄を演じるHeySayJUMPの知念侑李の、いかにもおぼっちゃん的な頼り無さと、それを精一杯演じるあたりもポイントでした。また、歴史ものでありがちな、その時代の有名なヒーロー(信長とか)が出てくるわけではなく、あくまでも主人公の無門が観ている伊賀と伊勢の国の話に終始しているあたりは、大河ドラマ真田丸」の描写に通じるものもあると思います。
上映してる映画館も少なくなってるかと思いますが、観て損はしない映画だと思いますので、興味のある方はぜひ劇場へお急ぎください。公開が終わってからこの記事を読んだ方は、BD/DVDを買うか、レンタルや配信で観てください。

忍びの国 オリジナル脚本

忍びの国 オリジナル脚本

忍びの国 (新潮文庫)

忍びの国 (新潮文庫)

塚口サンサン劇場で『BLAME!(ブラム)』観てきました

 突然ですが、塚口サンサン劇場で『BLAME!(ブラム)』を観てきました。
 『BLAME!(ブラム)』とは、『シドニアの騎士』と同じ弐瓶勉氏原作のコミックの映画アニメ化で、やはり『シドニア』と同じくポリゴン・ピクチュアズの制作です。『シドニア』が1期も2期も好きだったので、これは観に行かないと……と思っていたのですが、土曜出勤もあり、近所の映画館でもやってないということで、丁度いい時間にやっていた塚口サンサン劇場まで遠征することになりました。京阪沿線住みだと、阪急塚口って割と遠く感じるんですよね。

 というわけで、阪急塚口駅南口。

 駅前にある、年季の入った商業施設「塚口さんさんタウン」の一角には、絶滅寸前とも言われるダイエードムドムハンバーガーが健在です。時が止まったかのようでした。

 阪急塚口南口を出て線路沿いを東(梅田)方面に行けば、すぐに塚口サンサン劇場があります(僕は全然違う方向から行ってしまったのでめっちゃ探しました)。

 上映中・上映予定の映画ラインナップ。同じ尼崎市内にはMOVIX尼崎が、阪急で2駅先にはTOHOシネマズ西宮OSがあるので、そういうところがやらないようなラインナップになるのでしょうね。

 というわけで映画のチケットを購入。7.1chの音響での上映らしいのですが、ポイントカード会員に200円払ってなると、常に1400円で映画が観られるようなので、特別上映とかじゃない限り、会員になるほうがいきなりお得です。

 入場。メインは1階のスクリーンだそうで、チケットカウンター横から入ってすぐにスクリーンがあります。チケットカウンター裏には売店がありますが、出来合いのポップコーンとパンフレットやグッズだけの簡単な売店があるだけです。ドリンクは自販機をご利用くださいというローカルさ。出来るだけ中の自販機で買ったほうが映画館的にはありがたいのかなと思いました。

          • -

 映画の内容については後日紹介できれば、と。面白かったですね。花澤さん演じるシボさんが最高でした。
 音響については、爆音!というよりは、クリアで上品な感じだったように思いました。反面、サラウンド的な効果はそこまで感じなかったですね。スクリーンが小さく、画面的な迫力は感じにくいので、そこは好みが分かれるところかもしれません。ただ、設備の古さを感じることはないので、お値段分は絶対楽しめると思います。

          • -

 ガルパン劇場版の時に、色んな映画館を行脚する人が出てきましたが、聴き比べしたい気持ちがわかるような気がしてました。
 それとは別に、阪急塚口駅前にある立ち飲み屋とか、気になるお店があるので、今度はそちらにも立ち寄ってみようと思いました。

2017年冬アニメ、1〜3話観た段階での個人的な感触

 2017年も始まって、もう月末になってしまいました。興味の向く範囲でそれなりの数を観てはいますが、好感触のものも、1話段階で無理!ってなって止めてしまったものとか色々とあります。
 今回はちょっと軽めの感想というか、今のところのレビューみたいなものを書いていきたいと思います。

 期待のアニメとして挙げた『セイレン』ですが、思ってた以上にキャラデザが良くないというか、動いてみても良く見えないので、かなりキツいです。作画も水準以下なのは間違いないのでしょうけど、高山キャラ原案から2枚も3枚も落ちたように見えて、ちょっとこのキャラデザでこういうシチュエーションになっても、僕にはあまり嬉しさがありませんでした。
 内容的にも微妙かもしれません。『アマガミ』でやっていたことのきわい部分だけをやってるという感じですし、今回のヒロインもあやねるを起用している割には、魅力的とは言い難い感じになっちゃっていると思います。
 ある意味では『アマガミSS』の橘さんのキャラの加減が絶妙だったし、そのラインで違う主人公を持ってきても微妙としか言えないものになるのは必然だったのかなあ、と言うことなんでしょうかね。一応視聴継続しますが、もうさほどの期待は持っていません。

  • 亜人(デミ)ちゃんは語りたい

 こちらは、アニメ視聴前に原作を読んだ通りの出来になっていると思います。キャラデザはA-1の美少女アニメのテンプレみたいな感じではありますが、作画は安定していて女の子は可愛く描かれていますので全く問題ありません。
 個人的には、キャストが素晴らしいと思います。デュラハンの娘はふらいんぐうぃっちの真琴と同じ人だったかと思いますが、別方向で可愛さを出せていますし、サキュバス役に日笠陽子さんというのは、『ハイスクールD×D』などを観てきた僕からすると、狙い打たれたような感じです。しかし何よりも、主人公の高橋先生の諏訪部順一さんが反則的に良いですね……。こういうのはずるいと思いますし、上手く先生(それほど若くもない独身?)とJKたち(一部先生)との年齢差も描けているのではないでしょうか。

 京アニの今期の新作ですね。原作を買って読んでみたら、アニメ1話は原作序盤を、順番通りではない形で上手く再構成していて、なかなかに上手い脚本だと思いました。
 アニメの出来そのものも、さすが京アニと言った感じで良いですね。ただ、ネタを限りなく詰め込んで、かつナンセンスギャグ的な演出も冴えていた1話は最高だったのですが、若干間を取って、かつ『日常』を思わせるような演出が多かった気がした2話は微妙に感じました。
 しかしながら、小林さんのCV田村睦心さんは想像以上にソーニャちゃんでしたね。あの、普段はあまりがっつかない感じなのに、時々全力で突っ込んでくるあの感じがまさにソーニャちゃんですよ! 小林さん自体はツインテールではないものの、髪の毛の感じとかは京アニが意識しているように見えなくもないですし、小林さん自身が、殺し屋辞めて就職して三十路前後になったソーニャちゃん的な枯れ方をしているようにも見えました。『キルミーベイベー』オマージュを一時期やっていた京アニ(個人的な妄想です)としては、期待していたとおりのものが来た、と思ってます。

 安心の、太田雅彦×あおしまたかし×動画工房という布陣だったのですが、アニメ観始めると「あれっ?」という感じでした。
 悪くはない、という感じではなく、良くはない、という感じでした。というのも、ここまでで挙げたコメディ2作と比較しても、キャラの関係性とかコメディとしての質、ネタのレベルなど、全てにおいて低レベルに感じました。キャラの関係性が面白くないんですよね。天使と悪魔のコメディみたいなのですが、どうして共存しているのか、あるいは何で天使と悪魔に分かれているのかとか、お互いが相容れる関係性なのかどうかとか、全て置き去りにしたまま進んでいるのが気持ち悪いのです。ここに、人間キャラがいて、その人間キャラとの距離感を描きつつ楽しめるものになっていれば話は別なんですが……。あと、作画がかなり不安定に見えました。動かないので余計に目立ちました。
 原作も読んでみましたが、原作なりの面白さだな……という気がしました。逆に言えば、原作から飛躍した面白さには出来ていないな、とも思ってしまいました。太田あおしま動画工房トリオですが、どうも原作のポテンシャル以上には面白く出来ないのかな……とも。視聴継続は微妙です。

 とりあえず2話まで観ましたが、1話段階ではちょっとしんどかったです。というのも、マンガのコマみたいな画面の演出が、それマンガじゃんってツッコミたくなるような微妙さを持った演出だと感じたからです。あと、Hシーン的なところを、あまり男性が喜びそうな感じで描いても、この作品の場合は仕方ないんじゃないかとも感じました。もう少し直接的なことを避けての演出なら良いのですが、ちょっと演出家の引き出しが少ないのかな……と思ってしまいました。
 個人的には、タイトルどおりにクズキャラがもっと出てくれば良いのに、って思ったので、うざい井澤詩織キャラと、クソレズちゃんには期待していますw ということでもう少し観てみますか。

 『けいおん!』や『ラブライブ』を超える! という意気込みがあった……のかどうかわからないブシロード肝いりのアニメだったみたいですが、1話観た感じ、主人公もあのお嬢様キャラもどちらも、性格も行動も気持ち悪すぎてしんどかったです。あと、1話で披露された曲も特に良いとは感じられず、一体何を売りにしたいのかとも首を傾げたくなりました。
 キャラデザや作画は悪くなかったですが、1話でバンドメンバーが揃うところまで描けなかったのは辛い気がします。まあ1話切り安定ですね。

 相変わらずの、原作ファン以外置いてけぼり展開、ありがとうございます、という感じですね。しかしながら、2期1話の超展開っぷりって、原作ファンでもついていけるものだったの? と思いましたがどうだったんでしょう?
 相変わらずの低質な作画、魅力の感じられない演出、もううんざりですね。たぶん、完走はできないと思います。

 このすばの2期です。さほどの期待はしていませんでしたが、安定の面白さですね。作画がヘタれているという話も一部でありましたが、個人的にはそうも感じられず、1期並みの感じになっていると思います。
 何というか、もうこの作品にこれ以上の面白さが生まれるとも思っていませんし、でもこの方向性以外の面白さを追求して欲しいとも思えないんですよね。新キャラが、この面白さを膨らませてくれるような働きをしてくれたら、2期も面白いものになるんじゃないのかなあと思いましたけどね。

 『生徒会役員共』や『COPPELION』が好きなGoHands制作ということで、多少の期待があった作品ですが……1話段階でダメダメ過ぎましたね。主人公たちが追われている理由がよくわからなかったですし、その能力バトルは一体どこから出てきたのかってところもですし、何より、3DCGと2Dアニメの融合を図ろうとしたあたりで強烈な違和感を感じてしまいました。
 まあ、これ見づらいっすよねえ。3D酔いするようなアニメと同様で、色使いやエフェクト回りでとにかく見づらい。更に個人的に言及したいのが、おっぱいの揺らし方ですね。不自然というか、3Dで揺らすなら最初からこういう動きをするときにこういう揺れ方をするって演算を入れると思うのですが、その段階から想定がダメダメすぎて、揺れて全く嬉しく感じられませんでした。もう観ないと思います。

 映画やらアニメミライやらで好評だったTRIGGER制作のアニメだったらしいのですが……。それらは未見で、テレビシリーズの1話を観てみましたが、1話途中で辛くなってドロップアウトしてしまいました。
 これ、何が面白いんですかね? あまりTRIGGERの作画演出にありがたみを感じない身としては、そこに惹かれない人間は門前払いなのかな? となりました。主人公のキャラがそもそも受け付けませんでした。。

  • 南鎌倉高校 女子自転車部

 あの伝説のアニメ「ろんぐらいだぁず」から間を空けず始まった、JK×自転車なアニメでしたが……1話段階でチャリに乗れてないあたりで醒めてしまいました。。原作絵の雰囲気をほとんど残していないアニメキャラデザも微妙ですし、もういいかな。。

 1期も面白かったですが、現代に近い設定でやってる2期も面白いですね。
 個人的には、1期では「良さそうだったけど、過去編メインだったからあまり目立てなかった姐さんがものすごく可愛かったのでヤバかったです。あのキャラ、小林ゆうさんが演じて100%以上の可愛さが出たと言っても過言じゃないでしょう。あんなキャラ、若い声優さんが演じてもどうと感じるものでもないですよ。
 しかし、キャスティングの素晴らしさは相変わらずですね。石田彰は言わずもがな、他も役に合った演技をしてますし、耳からのものは言うことはありません。もちろん絵的にも何ら不満はありません。結末が楽しみです。

 ノーマークだったのですが雰囲気が良さそうだったので観てみました。
 監察課に勤める主人公と、それを監視する親友との話なんだろうと思いますが、2話段階で、その輪郭が見えてきたことと、そこにどう関わっていくのかってのが見えてこない感じがなかなか興味深く映っています。
 監督は『ワンパンマン』や『スペース・ダンディ』の夏目真悟さんなので、1,2話くらい見た目に動きがないような作品だと厳しい気がしますが、アクションとかが映えるような内容であれば楽しみが増える気がしますね。

 タイトルからして惹かれなかったのですが、Twitterのフォロワーさんで、観るアニメの好みが合う人らの感触があまりにも良さそうだったので、僕にしては珍しく追っかけで2話を一気に観ましたけど面白かったですね。アニメだけに集中して観ていても、あっという間に観終わる面白さでした。
 もちろん、悠木碧さん演じるターニャがとにかく良いですね。圧倒的な暴君かと思いきや、中身はサラリーマンのオッサンというギャップも面白いですし、最近の主人公が最強すぎる作品の流れも受けているようにも感じます。『終末のイゼッタ』あたりと設定とかは近いと思いますが色々と真逆ですし、一部現代とのつながりもありますので見やすくなっているようにも思います。主人公が若干クズなくらいでちょうど良さそうでもあります。
 これは割と楽しみに観ていきたいと思います。掘り出し物でした。

                      • -

 今のところ、亜人ちゃんとメイドラゴンと、落語心中とこのすば、ACCAに幼女戦記は最後まで観ようと思ってます。
 皆さんの感触はどないなものですかね?